銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で借入できる!

ソニー銀行カードローン口コミとして、「低金利で利用出来る可能性が高い」というものがあります。これはすべてのローンを対象にした比較結果得は無く、銀行カードローンと消費者金融系カードローンを比較した場合には低金利で利用しやすいという意味ですので勘違いしないようにしましょう。

例えば、銀行カードローンと銀行の目的ローンを比較した場合には、圧倒的に後者の方が低金利で利用出来る可能性が高くなります。ものによっては十倍以上の違いがある可能性もあるので、適宜最適な方法を選択することが大切です。

さて、具体的に低金利と言われる銀行カードローンと消費者金融系カードローンではどのくらいの違いがあるのかと言うと、見た目上の金利は「3~15%」と「5~18%」というような違いになります。こう見るとほとんど違いが無いような印象も受けるのですが、実際には比較的大きな差になる可能性が高いです。

その理由は「借入れ金額によって金利は低くなる」と言う特徴があるので、より高額な借り入れが出来る(総量規制対象外である)銀行カードローンの方が低金利になりやすい為です。仮に同じ金額でも銀行カードローンの方が金利は低くなることが多い上、借入れ金額によって優遇されることも期待できることは非常に大きな違いになり得ます。

ただし、「無利息期間」などを活用した場合には結果が逆転してしまう可能性があるので、利用する人が自分の状況(返済計画)に合わせて手段を決めていくことが大切です。