カードローンで延滞中!消費者金融で借り入れはできる?

カードローンでお金を借りたならば、必ず返済しなければいけませんが、その時その時の事情によりそれができないことがあります。返済の延滞です。返済が遅れるとさまざまなデメリットがあります。一時的な延滞なら大きな問題にはなりませんが、2~3か月カードローンの返済が滞ると、問題があります。
どのような問題があるのかというと、信用情報機関に金融事故情報として登録されてしまうのです。金融事故情報ということになると、ブラックリスト入りです。そうなれば、新たなカードローンで融資を受けたり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。つまり、消費者金融からも借り入れができなくなるのです。
金融機関はどこかの信用情報機関に加盟しているので、信用情報を照会することができます。仮にある金融機関が所属している信用情報機関に申し込み者の金融事故情報が登録されていなくても、信用情報機関同士、金融事故情報を共有していることから情報は筒抜けです。したがって、新たなカードローンやキャッシングでの借り入れはできなくなります。
大手消費者金融では、このルールを曲げることはできません。ところが、一部中小消費者金融を見てみると、金融事故情報があっても、貸付を行ってくれるところがあります。その場合には、現在カードローン返済の延滞中ならば、その状態を解消しておいたほうが借り入れがしやすくなります。だから、延滞中の人は早く延滞をやめなければいけません。一部には現在延滞中でも、借り入れ可能となっている業者もありますが、数が限られてきます。
そのほか延滞中でも利用ができる可能性があるものに、おまとめ、借り換えローンがあります。これならば、債務を一本化できるので、延滞中で困っている人は、おまとめ、借り換えローンを扱っている消費者金融にあたってみてはいかがでしょうか。