銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で借入できる!

ソニー銀行カードローン口コミとして、「低金利で利用出来る可能性が高い」というものがあります。これはすべてのローンを対象にした比較結果得は無く、銀行カードローンと消費者金融系カードローンを比較した場合には低金利で利用しやすいという意味ですので勘違いしないようにしましょう。

例えば、銀行カードローンと銀行の目的ローンを比較した場合には、圧倒的に後者の方が低金利で利用出来る可能性が高くなります。ものによっては十倍以上の違いがある可能性もあるので、適宜最適な方法を選択することが大切です。

さて、具体的に低金利と言われる銀行カードローンと消費者金融系カードローンではどのくらいの違いがあるのかと言うと、見た目上の金利は「3~15%」と「5~18%」というような違いになります。こう見るとほとんど違いが無いような印象も受けるのですが、実際には比較的大きな差になる可能性が高いです。

その理由は「借入れ金額によって金利は低くなる」と言う特徴があるので、より高額な借り入れが出来る(総量規制対象外である)銀行カードローンの方が低金利になりやすい為です。仮に同じ金額でも銀行カードローンの方が金利は低くなることが多い上、借入れ金額によって優遇されることも期待できることは非常に大きな違いになり得ます。

ただし、「無利息期間」などを活用した場合には結果が逆転してしまう可能性があるので、利用する人が自分の状況(返済計画)に合わせて手段を決めていくことが大切です。

プロミスとアコムを比較

今はどこでも低金利ですし、どこでキャッシングをするのか選ぶのはとても悩みますよね。大手消費者金融のプロミスとアコム、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず基本情報をみてみると、プロミスの金利は4.5%〜17.8%、限度額500万円でアコムは4.7%〜18.0%の限度額500万円です。基本的なスペックだけを比較するなら、アコムよりもプロミスの方が若干金利が低金利ですね。金利といえばプロミスは無利息サービスがあることでも有名ですが、最近アコムも新規契約キャンペーンとして最大30日間金利ゼロをやっています。

ローン商品のラインアップはどうかというと、プロミスはフリーキャッシングの他にレディースキャッシング、おまとめローン、自営者ローン、目的ローンなどといったものが用意されています。アコムではビジネスサポートカードローン、貸金業法に基づく借換え専用ローン、その他にカードローン機能付きクレジットカードを取扱っています。消費者金融でクレジットカードを取扱っているのは今やアコムだけです。

では借入方法の利便性の面ではというと、プロミスでは三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合には瞬フリというサービスを受けることができ、パソコン・ケータイ・スマホから24時間受付で最短10秒ほどという早さで振込キャッシングが可能です。しかも振込手数料はいつでも0円となっています。一方のアコムはというと、こちらは楽天銀行に口座を持っていればパソコン・スマホ・ケータイ・電話から24時間最短1分で振込による借入が可能です。こちらも手数料無料となっています。どちらも利便性が大変高いサービスですので、自分に取って使い勝手の良いサービスのほうを選ぶと良いかもしれません。
http://www.pms-kinri.info/

アコムのクレジットカードの評判を調べたときの体験談

高校卒業後フリーターとなり毎月少ない給料ですが自分が好きなことに使える時間はあるので特に不満は感じていませんでした。しかしそろそろ正社員として働きたく資格を取ろうと思い仕事が終わった後に勉強を行っていました。しかし独学ではきつい部分があり分からないところに引っかかってしまうと時間が過ぎる一方なので資格専門のスクールに通ってみることにしました。

スマートフォンで資格専門のスクールを検索してみて驚いたのが料金が思った以上に高かったことです。貯金などはしてこなかったため当然払えるような金額ではありませんでした。スクールに行かず独学で再びがんばってみようかと考えていましたがやはり独学だと効率が悪くいつまでたっても試験に合格しそうに無かったので借金をして足りない分を補うことにしました。

フリーターでも作ることができるクレジットカードを探すためインターネットでクレジットカードの評判を調べてみたところアコムのクレジットカードがフリーターの方にも作りやすく審査も早くて人気だったのでアコムのACマスターカードを作ってみることにしました。

アコムのACマスターカードには様々な利点があり年会費無料でクレジット機能も付いているから買い物にも使うことができるしカードで使った分の利用明細書はインターネットで見ることができるので自宅に明細書が届きません。

フリーターで審査に通るか少し不安でしたが毎月安定した収入を得ていたので問題なく審査に通過することができ即日融資することができました。評判が良かったアコムを利用して本当に良かったです。

ファクタリングの悪徳業者を見分けるポイント

ファクタリングは売掛金をすぐに現金化するための手法として知られています。資金繰りに苦しむ可能性のある経営者にとってはいざという時に役立つ手段になりますので、身に付けておきたい知識でもあります。しかしながらファクタリング業者にも良い業者もあれば悪徳業者もありますので、悪徳業者を見分ける目をしっかりと見に着けておくことは大切です。
ファクタリングに関して悪徳業者を見分けるポイントとして最も重要視しておきたいのは手数料です。色々なポイントがありますが、手数料率が高すぎる場合には悪徳であると考えておいた方が良いと言えます。その基準となるのは概ね30%程度が基準となります。これよりも高い手数料率を持ちかけてくるのであればほかの業者を探したほうが良いと言えます。手数料は売掛金の相手方の信用の程度の影響を受けるものではありますが、それでも相場というものはあるのです。
逆に手数料率が安すぎる場合にも注意が必要です。契約したくなるような手数料率で集客しているような場合には契約後に思わぬ落とし穴が存在している場合もあります。概ね5%以下の手数料率になる場合は3社関係薬でのファクタリングを除き、安すぎる部類に入ります。そのため契約の中に何かしらリスクが存在している場合もありますので注意が必要です。ファクタリングにも相場と呼ばれる手数料の範囲が存在していますので、その範囲を超えていたり、契約前の段階で明確に示さない場合は悪徳業者の可能性を疑わなくてはなりません。